ブログ

blog

Home アンチエイジング美容鍼 LED光による美容の効果とは?電気を流す美容鍼のプロが徹底解説!

LED光による美容の効果とは?電気を流す美容鍼のプロが徹底解説!

鍼灸師長谷川亮

≫LED光美容とは?

LED光美容とは、LED(Light Emitting Diode 発光ダイオード)を使用して肌に光を照射する美容法です。LEDライトの波長を利用して、肌の細胞を活性化させ、さまざまな肌トラブルを改善することを目的としています。

また、LED光美容はPhoto BioModulation Therapy(フォトバイオモデュレーション)とも呼ばれています。

LED美容

Photo BioModulation Therapy(光生体調節療法)とは?

Photo BioModulation Therapy(以下PBM)とは、光を使用して生体の細胞や組織の機能を調整し、治癒を促進する治療法です。PBMは、Low-Level Laser Therapy(LLLT)の一部と見なされることもあり、低レベルの光を用いて細胞の機能を調整し、修復や再生を促進する非侵襲的な治療法です。この治療法は、特定の波長の光を使用して細胞にエネルギーを供給し、さまざまな健康問題や美容目的で使用されます。

Photo BioModulation Therapyの主な効果

PBMの効果は多岐にわたり、以下のような健康や美容の分野で注目されています。

  1. 細胞の修復と再生: 光が細胞内のミトコンドリアに吸収され、ATP(エネルギー)の生成が促進されることで、細胞の修復と再生が進みます。
  2. 炎症の軽減: 炎症性サイトカインの生成が抑制され、炎症が軽減されます。
  3. コラーゲン生成の促進: 光が真皮層に到達し、コラーゲン生成が促進されます。これにより、肌の弾力が向上します。
  4. 傷の治癒促進: 光が組織の血流を改善し、傷の治癒を促進します。
  5. 痛みの緩和: 光が神経伝達物質のバランスを調整し、痛みを緩和します。

Photo BioModulation Therapyの適用分野

PBMは多くの医療および美容分野で使用され、その効果は広範囲にわたります。

  1. 美容とアンチエイジング

  • シワやたるみの改善: コラーゲン生成を促進し、肌の弾力を向上させます。
  • 肌のトーンとテクスチャーの改善: 細胞の新陳代謝を促進し、肌のくすみを解消します。
  • ニキビ治療: 炎症を軽減し、ニキビの原因となるアクネ菌を抑制します。
  1. 医療分野

  • 慢性痛の管理: 慢性痛の緩和に効果的であり、特に関節炎や筋肉痛の治療に使用されます。
  • 創傷治癒: 手術後の回復を早め、傷跡を最小限に抑えます。
  • 神経障害の治療: 神経細胞の修復を促進し、神経痛や麻痺の症状を改善します。
  1. スポーツ医学

  • 筋肉の回復: 運動後の筋肉の修復を促進し、疲労回復を早めます。
  • スポーツ傷害の治療: 捻挫や筋肉の損傷など、スポーツ傷害の回復を助けます。

最新の研究結果

PBMの効果を裏付ける多くの研究が行われており、その結果は非常に有望です。例えば、2023年に発表された研究では、PBMがコラーゲン生成を50%増加させ、シワの深さを大幅に減少させたことが報告されています 。また、慢性的な関節炎患者を対象とした研究では、PBM治療を受けた患者の80%が痛みの緩和を実感し、生活の質が向上したと報告されています 。

LED美容の効果

LED光美容の効果

LED光美容は、波長に応じて異なる効果を発揮します。以下に主な波長とその効果を紹介します。

LED美容のコラーゲン合成効果

  1. 赤色LED(640nm前後)の効果性

  • コラーゲン生成の促進: 赤色LEDは真皮層に到達し、コラーゲンの生成を促進します。これにより、肌のハリや弾力が向上し、シワやたるみを改善します。
  • 血行促進: 血行が良くなることで、肌の新陳代謝が活発になり、くすみが解消されます。
  1. 青色LED(423nm前後)の効果性

  • 抗菌作用: 青色LEDはアクネ菌を殺菌する作用があり、ニキビや吹き出物の予防・改善に効果的です。
  • 皮脂分泌の抑制: 皮脂の分泌を抑えることで、テカリや油っぽさを軽減します。
  1. 黄色LED(583nm前後)の効果性

  • リンパの流れを促進: 黄色LEDはリンパの流れを良くし、むくみを改善します。
  • 色素沈着の改善: 色素沈着やシミを薄くする効果があり、均一で明るい肌色を目指せます。
  1. 緑色LED(532nm前後)の効果性

  • メラニン生成の抑制: 緑色LEDはメラニンの生成を抑制し、シミやそばかすの予防に効果的です。
  • 肌のトーンを整える: 肌の色ムラを改善し、透明感のある肌に導きます。
  1. IR(Near-Infrared)(近赤外線830nm前後)の効果性

(1). コラーゲン合成の促進

  • 細胞活性化:近赤外線は細胞のミトコンドリアに吸収され、ATP(アデノシン三リン酸)の生成が促進されます。これにより細胞のエネルギーが増加し、細胞の活性が高まります。活性化された細胞はコラーゲン合成を含む多くの修復プロセスを促進します。
  • 線維芽細胞の活性化:近赤外線は皮膚の線維芽細胞を刺激し、これがコラーゲンの生成を増加させます。線維芽細胞は皮膚の主要な細胞で、コラーゲンやエラスチンなどの重要な成分を生成します。

(2). コラーゲンの質の向上

  • 組織の修復と再生:近赤外線の照射は、皮膚の修復と再生を助け、生成されるコラーゲンの質を向上させます。新しく生成されたコラーゲンは、皮膚の弾力性を高め、しわやたるみの改善に寄与します。
  • コラーゲンの構造強化:近赤外線は、既存のコラーゲン繊維の再構築を助けることもあります。これにより、皮膚の強度と弾力性が向上します。

(3). 抗炎症作用

  • 炎症の軽減:近赤外線は抗炎症効果もあり、炎症によるコラーゲンの分解を抑制します。炎症が抑えられることで、コラーゲンの分解が減少し、コラーゲン合成が促進されます。

(4). 美容および医療への応用

  • 美容治療:近赤外線は、シワやたるみの改善、肌のハリと弾力性の向上など、美容分野で広く使用されています。LEDデバイスやレーザー治療機器を用いて、皮膚の若返りを目指す施術が行われています。
  • 創傷治癒:創傷の治癒過程において、近赤外線は組織の修復を促進し、傷跡の改善に寄与します。コラーゲンの合成が促進されることで、創傷がより早く、きれいに治ることが期待されます。

LED美容の効果

LED光美容のメリット

LED光美容には、他の美容法と比べていくつかのメリットがあります。

  1. 非侵襲的で痛みがない

LED光美容は非侵襲的な施術であり、針やメスを使わないため、痛みがほとんどありません。そのため、敏感肌の方や痛みに弱い方にも適しています。

  1. 副作用が少ない

LED光は紫外線を含まないため、日焼けの心配がなく、副作用が少ないとされています。長期間使用しても肌に負担がかかりにくいです。

  1. 多様性と併用性

美容だけでなく、医療やスポーツ医学にも応用できる幅広い効果があります。また、他の美容施術(美容鍼、パック、ヘッドマッサージ等)と組み合わせて光を照射することも可能です。

LED光美容の注意点

非常に効果的なLED光美容ですが、いくつかの注意点もあります。

  1. 使用方法に注意が必要

LED光美容デバイスは、正しい使い方をしないと効果が得られないことがあります。必ず取扱説明書をよく読み、適切な方法で使用しましょう。光線過敏症や閉所恐怖症、または眼疾患の既往歴など、使用する際は確認を必ず行い注意しましょう。

  1. 継続的に行う

LED光美容は、継続的に行うことで効果を発揮します。即効性を求める方には向いていない場合があります。一方で、一度の照射でも近赤外線の波長により、心地よい温かさを感じ、満足感を得られます。

  1. 過度の使用は避ける

LED光美容の過度な使用(例えば毎日照射)は逆効果になることがあります。適切な頻度と時間を守ることが大切です。

LED光美容と電気を流す美容鍼の相乗効果とは?

電気を流すアンチエイジング美容鍼とは?

電気を流すアンチエイジング美容鍼

基本概念

美容鍼は、顔のツボや筋肉に細い鍼を刺すことで血流を促進し、肌の健康を改善する施術です。電気を流す美容鍼は、美容鍼に微弱な低周波電流を流す技術を組み合わせた美容法です。鍼による物理的刺激と電流による生体電気刺激が、肌の深部に働きかけます。顔の筋肉を動かすことでEMS効果も得られます。

電気を流す美容鍼の効果

  • コラーゲンの生成: 電気刺激により、筋肉の収縮が起き、肌の弾力性を向上させるコラーゲンの生成が促進されます。
  • リフトアップ: 電流が顔を引き上げる筋肉を動かし、顔全体のリフトアップ効果をもたらします。
  • 血行促進: 電気の力で血行が改善され、顔が温かくなり、肌のくすみが解消されます。

LED光美容と電気を流す美容鍼の相乗効果

LED美容鍼

LED光美容と電気を流す美容鍼を組み合わせることで、相乗効果が期待できます。それぞれの施術が補完し合い、効果を高めることができます。

LED美容と電気を流す美容鍼の相乗効果のメカニズム

  1. コラーゲン生成の促進:

    • LED光美容: 赤色LEDがコラーゲン生成を促進。
    • 電気を流す美容鍼: 鍼と電流がコラーゲン生成をさらに刺激。
    • 相乗効果: コラーゲン生成が二重に促進され、肌のハリと弾力が向上。
  2. 血行促進と新陳代謝の向上:

    • LED光美容: 血行促進効果により肌のトーンが明るく。
    • 電気を流す美容鍼: 鍼と電流が血行を促進し、新陳代謝を活発化。
    • 相乗効果: 血行促進と新陳代謝が二重に働き、肌のターンオーバーが促進。
  3. 炎症の軽減:

    • LED光美容: 青色LEDが抗菌作用で炎症を抑制。
    • 電気を流す美容鍼: 電流が炎症を抑える効果。
    • 相乗効果: 炎症軽減効果が二重に働き、ニキビや肌トラブルの改善が早まる。

LED光美容と電気を流す美容鍼の施術方法

LED美容の効果

施術の流れと注意点

施術の流れ

  1. 美容カウンセリング: 施術前にお悩みの肌の状態をチェックし、最適な施術プランを提案します。
  2. 電気を流す美容鍼: 顔に鍼を刺し、電気を流します。施術時間は約30分です。
  3. PBM: 美容鍼中に光を同時照射します。こちらも約20分の施術時間です。
  4. 初診の患者様は、トータル60分ほどお時間を要します。

注意点

  • アレルギー反応: 施術前に光線過敏アレルギーがないか、閉所恐怖症がないか、眼疾患全般がないか確認してください。
  • 施術後のケア: 施術後は保湿をしっかり行い、日焼け止めをなどを使用してください。

まとめ

電気を流す美容鍼とPhoto bioModulation TherapyであるLED光美容は、それぞれが持つ美容効果をさらに高め合う素晴らしいコンビネーション美容法です。これらの施術を定期的に受けることで、若々しく健康的な肌を維持することができます。興味のある方は、ぜひ専門のサロンでカウンセリングを受けてみてください。

よくある質問(FAQ)

Q1: 美容鍼とPBMの施術を同時に受けることは可能ですか?

A1: はい、可能です。多くのサロンでは、これらの施術を組み合わせたメニューを提供しています。

Q2: 施術は痛いですか?

A2: 美容鍼は細い鍼を使用するため、痛みはほとんど感じません。PBMも温かさを感じる程度で、痛みはありません。

Q3: 効果はどれくらい持続しますか?

A3: 効果の持続期間は個人差がありますが、定期的な施術を受けることで長期間維持できます。

 

以上が、電気を流す美容鍼とLED光美容の相乗効果についての詳細です。

美容やアンチエイジングに興味のある方は、ぜひ試してみてください。

 

たるみの改善に美容鍼

≫LED光美容+電気を流す美容鍼を受けてみたい皆様へ

当院では、LED光美容+電気を流す美容鍼に特化した美容施術やアプローチを提供しており、お客様の美容と健康に対するお悩みに専門的かつ個別に対応いたします。長谷川亮・鍼灸院の特長として以下の点が挙げられます。

経験豊富な専門家: 当院の院長は美容に関する知識や技術に優れ、豊富な経験を持っています。

個別カウンセリング: お客様一人一人の状態や目標に合わせた個別のカウンセリングを行い、最適な施術プランを提案します。

最新の美容鍼技術: 美容鍼において最新の技術や機器を導入し、より効果的かつ安全な施術を提供しています。

リラックスできる環境: 心地よい雰囲気の中で施術を受けていただけるよう、リラックスできる院内環境を整えています。

お客様のたるみに関するお悩みを真剣に受け止め、専門的なアプローチで改善をサポートします。ご興味やご質問がありましたら、お気軽にご相談ください。美容と健康を同時に追求するために、長谷川亮・鍼灸院がお手伝いさせていただきます。

美容鍼の予約

院所在地