しわ・ほうれい線の改善

shiwa

Home しわ・ほうれい線の改善

しわの施術
アンチエイジング美容鍼1回施術直後

Before

After

しわ全般:ほうれい線、目の周り、眉間、額の横など
深く刻まれないために直接鍼を打ちます

鏡を見るたびに濃くなる顔のシワ…。いろんな方法で隠しても隠し切れない…。そんな患者様にはアンチエイジング美容鍼。顔全体51本の鍼に電気を流す美容鍼を行うことで、自分の見た目が満足できる自分に変われます。

そもそもしわ・ほうれい線の原因は何?

若いころはパーンと張りのあるふっくらした顔だったはずが、最近日に日にほうれい線が濃くなってきた…
眉間のしわや、額の横しわが深くなってきた…そんなお悩みの原因は!

①光老化(紫外線ダメージ)
しわやほうれい線に限らず、お顔の老化の原因で最も大きい影響を与えるのが光老化(紫外線)です。顔面に浴びた紫外線により、皮膚では炎症が起きます。この炎症の際、炎症性サイトカインという物質が生成されます。この物質はお肌の真皮層で真皮繊維成分であるコラーゲンやエラスチンを破壊する引き金となります。紫外線対策はしわの予防においては必須という事です。肌のハリが無くなるという事は、真皮内の線維性の組織が破壊されて骨粗鬆ならぬ皮膚粗鬆が起きている状態です。
この状態の皮膚に電気を流す美容鍼を行う事で、同じ真皮内に存在する線維芽細胞を活性し、紫外線で古くなったコラーゲンやエラスチンを酵素分解して、新陳代謝を促しています。

②皮膚の乾燥
皮膚表面の細胞「表皮」この表皮の乾燥によってできるしわがあります。目のまわり、目尻などにできるしわ。いわゆるちりめんしわなどです。肌の潤い成分であるヒアルロン酸。外的要因も含め肌の水分量が低下している状態で、長年顔の表情を動かしている際、徐々にしわが形成されます。最初はうっすらしわが確認できる程度だったのが、濃くなってきたのであれば乾燥対策のスキンケアは必須です。
美容鍼は、鍼を打つことで皮膚の血流を向上させます。血管から栄養を供給し、電気を流すことでお肌のターンオーバーを促進させ、潤いのある乾燥していない皮膚へと皮膚質改善に有効です。

③顔の表情の使い方
表情しわとも呼ばれ、人が感情を表す心因要因も原因のひとつ。特に深いしわなどには長年の顔の使い方により形成される場合があります。例えば目を大きく開いて話す癖の人は、年齢と共に表情筋が衰えまぶただけで目が開けられず、おでこの筋肉を使って目を開きます。結果額の横しわが形成されます。ほうれい線なども表情筋の使い方にも影響を受けます。眉間のしわも表情しわの一つです。
電気を流す美容鍼は、表情筋まで鍼を刺入し電気を流します。特殊なリズムで表情筋を運動させることで徐々に濃くなるしわの予防、軽減に有効です。

④重力によって顔の脂肪が下がる
顔を作っている組織の中には皮下脂肪があります。この脂肪の塊が長年の重力によって下がる力がかかります。本来は下がらないように顔に固定しているべき靱帯なども緩んでしまうので結果、顔が下がります。この際にたるみとしわが合体して起きる事があります。ほうれい線やマリオネットラインなどはしわとたるみが同時に起きています。
外科的に手術をする方法もありますが、手術はしたくない。このような場合に、電気を流す美容鍼は、しわに直接鍼を打ち電気を流し下がっている靱帯を電気的に引きます。そうすることで、結果的にほうれい線やその他の深いしわの軽減を行います。

⑤女性ホルモンの影響
健康で美しく張りのある皮膚には女性ホルモンであるエストロゲンが重要に関係します。年齢と共に女性ホルモンが減少する事で、紫外線や活性酸素の影響を受けやすくなり、遺伝要因も重なり深いしわができやすい状況になります。更年期あたりからお身体の状態も徐々に変化していきます。若返るということではなく、今の年齢でもっともよい状態を維持しつつ、少しだけ綺麗でいる努力が必要です。
電気を流す美容鍼は、自律神経を調整します。ホルモンのバランスにも大きく自律神経は影響します。自律神経を安定させ整え体調や年齢と共に起こりやすいホルモンバランスの乱れを調整することが可能です。

いかがでしたか?しわやほうれい線が気になっている皆様。
ご自身のお悩みの原因と、その改善に向けて電気を流す美容鍼に興味をお持ちいただけましたでしょうか?

今すでに深いしわが気になる方は治療を行い、少し気になる方は予防も含めた治療です。

朝、鏡に映る自分の顔のしわが気にならなくなる為に。
まずは一度お試しください。

しわ・ほうれい線の改善に美容鍼をおすすめする
3つの理由

1. コラーゲン線維の合成

鍼刺激をすることで皮膚を「あえて」傷をつけます(鍼跡が残ることは100%ありません)。自分の傷ついた皮膚を治そうとする力を刺激することで、自分の持つ免疫反応により血流を向上します。その結果、皮膚に栄養が行き渡り、真皮層でヒアルロン酸・コラーゲンなどの合成が促進され、結果として深いしわの軽減、予防につながります。

2. 電気を流すことで更に促進

電気を流す美容鍼を単に鍼施術を皮膚に行うよりも、より効率よく効果的に循環が向上します。さらには、アンチエイジング美容鍼の技法でしかできない特殊電流は、自律神経に作用させ、血管を拡張させます。
これらの症状作用・効果により、深いしわの軽減、予防に期待ができます。

3. より深く見える悪循環しわへの対策

実際にしわが形成されている箇所に踏まえ、皮膚の弾力低下(たるみ)がおき、より深く見えるしわ(ほうれい線など)があります。アンチエイジング美容鍼の電気を流す美容鍼は、リフトアップにも有効で、深いしわを皮膚を引き上げることで軽減させることにも有効です。
継続して刺激をすることで、長期的に弾力、張りのある皮膚または、しわが深くならない予防が可能です。

こんな方におすすめ!!

  • ほうれい線気になりだして、日に日に深くなってきた方
  • 目の周りの小じわを消したいが、ボトックスやヒアルロン酸注入は躊躇する方
  • 額の横しわが気になるので、前髪で隠すようにして視界に入らないようにしている方
  • 眉間のしわが濃くなって、顔つきが険しく見た目の印象が気になる方

しわ、ほうれい線治療についてよくあるご質問

Q:ほうれい線は薄くなりますか?

A:目立つしわができている部分に直接鍼を打つと共に、頬全体をリフトアップさせます。真皮層でコラーゲン合成を促進させしわが目立たないように薄くさせます。また気になるしわすべてに追加無料で鍼の本数を増やすことも可能です。

Q:おでこにボトックスを打ちましたが鍼はできますか?

A:ボトックスやヒアルロン酸など注入美容を行った当日や2週間程度は美容鍼は行いません。1ヶ月以上経過している場合は問題ありません。また、注入箇所は行わず、それ以外の部位であればいつ美容鍼を行っても問題はありません。

Q:シミ取りレーザーをした後でもできますか?

A:レーザーや高周波、超音波、光治療などを併用する場合、術後の痛みや赤みなど皮膚の炎症が起きているダウンタイムの期間は美容鍼はお控えください。炎症が治まっている状態であれば、いつでも行う事ができます。

Q:鍼だけより電気を流した方が効果があるんですか?

A:一般的な美容鍼でも皮膚への有効性や表情筋への効果は考えられます。電気を流すことでその効果がより高くなるという事と、電気を流すからできることが増えます。特にコラーゲンの合成や炎症を抑える必要のお悩みには電気を流す美容鍼がおススメできます。

Q:鍼をする時のリスクはありますか?

A:強いて言えば内出血する場合がある事です。鍼を打ちますので出血のリスクはあります。その際に内出血がおきる場合があります。皮下出血が起きても数日から1週間ほどで必ず消失します。後に残るとかしみができるなどの問題が起こることはありません。何かのイベントに合わせる場合はイベント用の電気を流す美容鍼コースがありますので大丈夫です。

効果を実感したお客様の声

肌のくすみ口コミ

K 43歳 パート

しわ・ほうれい線の改善

お悩みの症状:肌のくすみ、しみ、しわ

続きを見る

お客様の声をもっと見る

ほうれい線に必ず効果あり

NS 57歳 講師業

しわ・ほうれい線の改善

お悩み症状:ほうれい線と目の下のクマ

続きを見る

お客様の声をもっと見る

アンチエイジング美容鍼のほうれい線の口コミ

伊藤聖奈 34歳 主婦

しわ・ほうれい線の改善

お悩み症状:ほうれい線、くすみ

続きを見る

お客様の声をもっと見る

料金案内・診察の流れ
はこちらから
初めてご来院の方限定!!
トライアルセット

本日のご予約はこちらから
今日から【1週間以内のご予約】はお電話からのみの受付となります。
1週間以上先のWEB予約
WEB予約は【1週間以上先のご予約】のみご覧いただけます。今すぐのご予約はお電話ください。
鍼灸を受けることがあたりまえの世の中になるために
鍼灸師向け、アンチエイジング美容鍼講習会開催しています。詳しくはこちら
長谷川亮認定、全国アンチエイジング美容鍼専門鍼灸師。詳しくはこちら